京都への転職で人気のあるエリア

京都への転職で人気のあるエリア

京都の求人・転職情報サイトを見ると職種別の近畿ランキングとともに、エリア別の人気ランキングが掲載されていました。

エリア別人気ランキングで言うと、最も人気が高いのは下京区で、それに続いて中京区、南区となっています。

これらの地域は市内の中心部にも当たり、いろいろな会社のオフィスが集中しているので、求人・転職先も豊富にあり、また職種もバラエティーに飛んでいますので、人気が高いエリアになるのは当然といえば当然かもしれません。

特に下京区には京都で最大の繁華街もありますから、他の地域よりもよりさらに人気が高いのもうなずけます。

また下京区には河原町や京都駅、中京区には大宮や二条、南区には九条など、いずれもJRや私鉄の主要駅がある地域ですので、通勤のことを考えるとさらに魅力が高い地域ということになるようです。

それに続く地域もどちらかというと交通の便が良さそうな地域が名を連ねており、やはり転職の際には通勤手段の確保が大きな要素にあるのかなと改めて感じました。

市の中心部に次いで人気が高い伏見区

京都への転職で人気のあるエリアとしては、最も人気があるのは市の中心部にあたる地域ですが、それらに続くのが伏見区となっているようです。

伏見といえば兵庫の灘とともにお酒の蔵元が数多くあり、日本酒造りが盛んなところというイメージがあります。

実際に全国的な販路を持つ酒造メーカーがいくつかありますし、それ以外にも古くから続いている蔵元がいくつか残っているようです。

当然こういったところへ転職される方もおられると思いますが、それ以外にもエレクトロニクスの分野で最先端の技術力を誇る世界的な企業もこの伏見に本社を置いていますので、この辺も人気のエリアになっている理由の一つかもしれません。

京都で転職を考える

また伏見は京都市の11区の中で最大の人口を誇る住宅地でもあり、その為か古くからある小売店のほかに、国道沿いなどに大規模な小売店や飲食店、娯楽場が数多くできているようです。

これらの施設で働くことを希望される方も多いと思います。

このようなことから、転職で人気の高いエリアのひとつとなっているようです。